« 2018年3月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年5月

【告知】7月29日 上映会&トークセッション開催

全国一斉上映 船橋康貴氏ドキュメンタリー映画
「みつばちと地球とわたし」
待望の上映会が、信州では松本市で開催されます!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みつばちを通して、この地球に生きるすべての生きものの命が一つであることを感じ、みつばちと花をテーマに、
自分自身のこと、大切な人のこと、わたしたちの街や地域のこと、大切な未来を、一緒に考えてみませんか。
テーマは、オーガニック、環境、緑化、里山再生、教育・子育て、地域づくり ‥など
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
映画「みつばちと地球とわたし」上映会
  & みつばちと花のトークセッション in 松本
  ~みつばちや花を大切に想い、地域を考える~
Jyoueikai
◆開催日時
 2018年7月29日(日)
 14:00(開場13:30)~16:20

◆会 場
 松本市勤労者福祉センター 大会議室

 (松本市中央4丁目7-26)
  ※イオンモール松本、松本市美術館のすぐ近くです。
  ※駐車場が狭いため、車でのご来場の際は近隣の有料駐車場等をご利用ください。

◆内 容
 船橋康貴氏ドキュメンタリー映画「みつばちと地球とわたし」の上映会、
 および、みつばちと花を入り口に、緑化、里山、地域を考えるトークセッションを開催します。


 ※イベント当日、みつばちを大切に思う心から、街に花をいっぱい増やそうとの願いで、事前申込の皆さまに、花の苗または種のプレゼントがあります。
 【本企画は、全国都市緑化フェア「信州花フェスタ2019」、松本市の「花いっぱい運動」に協力しています】

(1)ドキュメンタリー映画「みつばちと地球とわたし」上映会(約90分)
 日本各地をはじめ世界各国でみつばちの大切さを訴え、彼とかかわる皆からは新たな気づきが芽生えると絶賛される養蜂家・船橋康貴氏。食糧や環境の循環とそれを支えるみつばちへの彼の想いを追いかけます。地域や教育の面からも、私たちの行動のヒントが凝縮されたドキュメンタリーです。
(2)ミツバチと花のトークセッション(約40分)
 みつばちと花を入り口に、緑化や里山、地域づくりについて、自分たちのできること、子どもたちとできること、地域としてできることを考えます。松本地域発の、地域に根差した大きな目線でのセッションにご期待ください。
 (出演者)
  ・原 薫(株式会社柳沢林業 代表取締役)
  ・井上 博文(株式会社井上 常務執行役員)
  ・江草 岳(NPO法人信州ひねもす 理事長)

◆募集人数 100名

◆参加料金
  ※ 大人
  ・前売り券:1,500円(花の苗または種のお土産付
  ・当日受付:2,000円
 ※ 学生:1,000円(前売り・当日受付共に)
 ※ 小学生以下:無料
 (イベント経費との差額は、NPO法人信州ひねもす活動支援への寄付とさせていただきます)

◆お申込み
 前売り券は、次の店舗にてお求めいただけます。
 ・「ジュレ・ブランシュ」(松本市大手2丁目・今町通り)
 ・「信州蜂蜜本舗」(松本市中央1丁目)
 ・「グローカルフーズ・ネーブル」(安曇野市・穂高駅前)
 ・「カフェ やまぼし」(松本市会田・旧四賀村)
 または、信州ひねもすにおいても事前申込を承ります。
 (携帯電話:江草 090-3424-0738  ※できるだけショートメールにてご連絡願います。料金をお振り込みの場合は、手数料をご負担願います)

◇主催:NPO法人信州ひねもす
◇特別協力:一般社団法人ソマミチ
      松本みつばちプロジェクト
◇協力:ジュレ・ブランシュ(GeleeBlanche)
    株式会社信州蜂蜜本舗
    グローカルフーズ・ネーブル(Glocal foods NAVEL)
    カフェ やまぼし
◇後援:松本市教育委員会
    信州花フェスタ2019実行委員会

◆お問合せ先 NPO法人信州ひねもす 江草(090-3424-0738)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇トークセッション出演者プロフィール

【 原 薫 (はら かおる)】
株式会社柳沢林業 代表取締役。静岡県井川の森林組合での経験を経て、長野県にて林業に従事。20代で狩猟免許を取得し、長野県フォレストコンダクターの資格を持つ。2016年3月、全国の農山漁村地域の次世代リーダーとして期待され「農山漁村男女共同参画優良活動表彰」の最高賞・農林水産大臣賞を受賞。木を使う社会の仕組みをつくる「一般社団法人ソマミチ」代表。

【 井上 博文 (いのうえ ひろぶみ)】
株式会社井上 常務執行役員。ニューヨークの日系百貨店での経験等を経て、明治18年創業で松本平の老舗百貨店「井上」にて手腕を振るう。地域社会との連携や環境への取り組みにも熱心で、「松本みつばちプロジェクト」を立ち上げ、百貨店屋上にてミツバチの巣箱を設置。そこで採取した蜂蜜と地域との連携による地元特産品の開発や地域活性化にも尽力する。

【 江草 岳 (えぐさ たかし)】
NPO法人信州ひねもす 理事長。松本平を中心に環境保全活動や環境教育、および地域活性化や環境関連イベントを行う「信州ひねもす」を発足。同NPOでは、特に、食糧や環境に重要な役割を果たすミツバチを大切に思う心を育むため、街に花を増やす活動と共に、保育園や各種イベントでの環境教室、学生との環境セッション、シンポジウム等を開催している。

Ac2

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年8月 »